米仮想通貨デリバティブ企業がCFTCの認可取得 現物決済BTCスワップ提供可能に

CFTCがTassatのSEFを新たに認可

米CFTCは仮想通貨デリバティブ企業Tassatのスワップ執行ファシリティライセンス(SEF)を認可した。SEFとはスワップ取引を提供するプラットフォームのことで、BTCスワップの提供企業としてはSeedCXとLedgerXがすでに認可されている。

「trueDigital」の名で知られるTassatは、9月にデリバティブ取引と機関決済市場に参入するにあたってリブランディングを行っている。CFTCの承認により、現物決済ビットコインマージンスワップを開始する計画だ。具体的な日程については明らかにしていないが、機関投資家をオンボーディングし、テストを実施する見込みだ。

Tassatのビットコインマージンスワップが開始されれば、8月に類似の取引テストを開始したSeedCXと直接競合することになるだろう。LedgerXに関しても、2017年にSEFの認可を受けており、スワップとオプションを機関投資家に提供している。

これらの競合に関して、TassatのThomas Kim CEOは次のようにコメントしている。

我々は新しい金融商品をリリースし続けることを信条として、トレードに熱心な機関投資家と連携し、取引契約を長年デザインし続けてきました。機関投資家が我々の製品を採用すると期待する。

関連米CME、ビットコインオプション取引の詳細を発表 2020年Q1の開始目処

#miningcity #Mining City #マイニングシティ

「CoinPost」を閲覧する

最新情報をチェックしよう!
>今すぐあなたのビットコインを採掘し始めましょう!

今すぐあなたのビットコインを採掘し始めましょう!

ビットコインは買うことも出来ますが、マイニングする事もできます。マイニングには特殊なソフトウェアを使い、数学の問題を解決するために特化されたコンピューターを使い、問題を解く対価として一定数のビットコインが発行されます。これは、貨幣をスマートに発行する方法であり、より多くの人々がマイニングに参加する動機を与えます。

また、ビットコインのマイニングマシーンは、トランジャクション承認を通じてビットコイン・ネットワークを安全に保護します。マイニングはビットコインにおいて重要な必需要素であり、ビットコイン・ネットワークを安定的かつ安全に維持し公正性を保障します.

CTR IMG