「リップルネット・ホーム」 Rippleが新たなアプリ型プロダクトを披露=Swell 2019

リップルネット・ホーム

Swell 2019は2日目を開幕。Ripple社は新たな統合型アプリ「リップルネット・ホーム」をステージで紹介した。

説明によれば、どこでもリップルネットから送金リクエストを行い、送金プロセスをリアルタイムで観測できるビジネス向けのシステムで、送金履歴などを管理する機能も備えているという。

現時点で詳しい詳細が明らかになっていないが、企業向けのプロダクトとして、新たな国際送金のモデルで利用される可能性が示唆されている。

Rippleは現在、このプロダクトに関するコメントを募集しているという。

CoinPostの注目記事

豪決済企業FlashFX、需要高いフィリピン向け送金でODL導入
オーストラリアの決済企業FlashFXは7日、新たにXRPを介す送金プロダクト「On-Demand Liquidity (ODL)」を活用し、オーストラリア・フィリピン間の国際送金を行うと発表した。今後も対象国を拡大していくという。
前インド準備銀行総裁が語る「仮想通貨XRPが規制懸念に強い理由」:Swell2019
Swell 2019に登壇した前インド準備銀行総裁のラグラム・ラジャン博士は、仮想通貨XRPが各国規制に強い理由を語った。

#miningcity #Mining City #マイニングシティ

「CoinPost」を閲覧する

最新情報をチェックしよう!
>今すぐあなたのビットコインを採掘し始めましょう!

今すぐあなたのビットコインを採掘し始めましょう!

ビットコインは買うことも出来ますが、マイニングする事もできます。マイニングには特殊なソフトウェアを使い、数学の問題を解決するために特化されたコンピューターを使い、問題を解く対価として一定数のビットコインが発行されます。これは、貨幣をスマートに発行する方法であり、より多くの人々がマイニングに参加する動機を与えます。

また、ビットコインのマイニングマシーンは、トランジャクション承認を通じてビットコイン・ネットワークを安全に保護します。マイニングはビットコインにおいて重要な必需要素であり、ビットコイン・ネットワークを安定的かつ安全に維持し公正性を保障します.

CTR IMG